写真集「三春の小路─めじろ、わたしの猫たち」の販売協力のお願いです
c0009350_3132164.jpgこの前の記事に、三春堂の猫のモモと多羅がときどき戻らなくなって、心配になっていることを書きましたが、帰ってきてくれたものの、今までとは違って落ち着きがなく、ノラたちを気にしている様子が続いています。

とくに多羅は、口内炎を昨年夏から発症しているため、エサが食べにくい状態の上に、3日も帰ってこなかったので、すっかり痩せてしまいました。さらにエイズを母子感染しているため心配な状況です。もともと多羅は、筋肉質の堅肥りの女の子で、モモのような色っぽさはないけれど、凛としていて、皆さんにとても可愛がっていただいてきました。

薬の治療を続けていても、思ったほど食べる力が回復できないので、体を触ったときにドキッとするほど、骨っぽくなってしまっています。できるだけ食べてもらうことと、そしてノラを近づけないようにしていますが、多羅は、いつまで元気でいてくれるのだろうかと、今回、ぞっとする不安が襲ってきてしまいました。
写真集の表紙の真中に、実存の多羅がいてくれるので、写真集を見ていただくのが、私は嬉しいのですが、多羅もいなくなってしまったら、寂しい写真集となってしまうということに気がつきました。

まだ、写真集はたくさんあります。できましたら、多羅もモモも、Rei も元気でいてくれるうちに、できるだけ多くの方に、写真集をお薦めいただけませんでしょうか?
c0009350_3153047.jpg

1冊2,625円のところ→ 5冊単位で、消費税サービス、30% OFF = 8,750円(5冊分)
とさせていただきます。三春堂ギャラリーの郵便振替口座へご送金いただきましたら、送料は三春堂扱いで、お送りさせていただきます。プレゼント用のときは、ご指定ください。

多羅の背中をさわると、骨を数えられそうで悲しくなります。少しでも元気になってくれたらと願いつつ、皆様へも心からのお願いです。

郵便振替口座:00170−8−123787 三春堂ギャラリー

c0009350_3161821.jpg

[PR]
by miharu-ando | 2007-07-20 03:28 |
<< 第3回 泉田 之也 陶展のお知らせ 三春堂の猫、モモと多羅がときど... >>