<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Tea forte と HENRI CHARPENTIE のチャーミングなパッケージ
c0009350_3324178.jpg

つい最近、北欧に旅行に行かれたお客さまから、とても素敵なパッケージのティーバッグを2ついただきました。スウェーデンで求めることができたそうで、その貴重なおすそ分けです。
そのセンスの良さにわくわくして、とても飲むことはできず、三春堂の器に飾って楽しんでいました。(武田 武人作 - 錆釉菱形大鉢)
この小さな商品のために心をこめてデザインされたことが、静かに伝わってきます。

それをご覧になった方々も心惹かれて、私にお尋ねになるのですが、スウェーデンで求められたものということぐらいしか分かりません。あらためて底のところを見ると Tea forte とあるのですが、どこの国か印刷されていません。お客さまに聞かれても知識がないので、ネットで調べてみたらどっと英文が出てきて、どうもアメリカのもののようです。
とてもアメリカのものと思えなくて調べていくと、ニューヨーク近代美術館 (MOMA) で活躍したデザイナーの Peter Hewitt 氏が2003年に創業した「ティーフォルテ」というブランドで、そのコンセプトは "Art of Tea" とのことです。納得してしまいました。
さらに見ていたら、すでに日本に代理店があるのです。早速、ギャラリーで取り扱いが出来るか問い合わせをしたところ親切に応対してくださいました。近いうちに、三春堂ギャラリーで素敵な紅茶が展示販売されることになります。ちょっと贅沢にこの紅茶を作家のカップで楽しんでいただけるようにもしたいと思っていますので、楽しみにしてください。

c0009350_3414995.jpg

ティーバッグをいただいたすぐ後に、ビーズのアクセサリーを作ってくださっているやまなひろこさんからアンリ・シャルパンティエのクッキーをいただきました。(素晴らしいタイミングです)
そのアイボリーの包装紙とこげ茶のリボンのコーディネートが素敵で、すぐ開けられずしばらくそのまま飾っていました。ほどなく中も見たくなって開けてみたら、とても可愛い缶でさらに嬉しくなりました。
缶の蓋をあけたら、小さな石畳のようにクッキーが並んでいました。クッキーはそれぞれ味の違いが丁寧に作られていて、とても美味しかったです。包装した状態も、缶の様子も写真に撮ったのに、クッキーが並んでいるところを撮影するのを忘れて、食べてしまっていました。


c0009350_3353015.jpgこのパッケージのロゴに見覚えがあるような気がして、ギャラリーの棚を探したら、棄てられないでいる白と黄色の丸い紙箱がでてきました。その空き箱は2005年の「実験用ガラス器展」の時に、丸底の可愛いガラス器を展示するのにとても役に立ってくれました。(写真の中ほどの左右にある白と黄色の丸箱)

心惹かれるものが繋がっていることに気がつき、こんなに行き届いたお仕事をしていることに、心をうたれました。それぞれをプレゼントしてくださった方々に、あらためて感謝しています。
[PR]
by miharu-ando | 2010-04-30 03:47 | 日常