実験用ガラス器展、ビックリするほど大好評!
c0009350_10272646.jpg誰か、よほどおこないの悪いひとがいたのかしら(そんなはずないのですが)と思うほど、雨で寒いという最悪の天候の2日間でした。それにもかかわらずたくさんの方がいらして、それはもう大興奮。ガラス器も大きいものから極小のものまで多彩、素敵な銅製の箱のいろいろ、金属の大きな網カゴ、乳鉢、陶製のロートなど、集めた方のエネルギーがバクハツしていました。

その多様な形を一堂に見て、用途だけの形の美しさのことを深く考えさせられる2日間でした。この展示会のDMがとても綺麗と評判でした。デザインしてくれたのは、イラストレーターのあやせさやかさんで、この展示会を見に来てくださいましたので彼女にもカンソウ?を書いていただきました。(miharu)


古いモノもガラスも実験器具も好きなので3倍の喜び、うっとりと楽しませていただきました。昔のガラスは愛嬌があって、柔らかな風情で美しいですね。植物や貝と組み合わせたディスプレイもとても素敵でした。うちに連れて帰ったガラス壜たちを窓辺に置いて楽しんでいます。鉢植のポトスがもう少し育ったら、枝をちょこっと切って壜に差そうと思っています。当方、緑の指が欠如しているのですが、うまく水栽培できますように…(ayase)


c0009350_10354679.jpg
[PR]
by miharu-ando | 2005-02-05 10:43 | 展覧会レポート
<< 泉田之也陶展の美しい形 クリスマス、あっという間にお正月 >>