目白バ・ロック音楽祭は、目白の街も楽しむイベントです。
いよいよ、6月2日(金)〜25日(日)までの間、第2回 目白バ・ロック音楽祭 が開催されます。去年より、一段とプログラムが豊富で魅力的です。目白の教会や、重要文化財の明日館など歴史的な建物で、ゆったりと落ち着いた雰囲気でバロック音楽を中心にお楽しみいただける、贅沢な音楽祭が始まります。音楽祭の期間中は、目白の街全体が協賛して、皆様に楽しんでいただけるよう特別なおもてなし商品や展覧会の企画など、趣向をこらしてたくさんご用意いたします。
音楽会の始まる前にゆっくり時間をとって、それぞれのショップやギャラリーのおもてなしを散策していただけると嬉しいです。なお、明日館での演奏会チケットは三春堂でも扱っております。ぜひご利用ください。

6月4日(日)15:00 グナール・レツボール(バロックヴァイオリン) 究極のシャコンヌ
6月14日(水)14:30 つのだたかし(リュート) 静かな音楽
6月22日(木)14:30 懸田奈緒子(ソプラノ) モーツアルト:すみれ

三春堂 Fax: 03-3952-7977 アルケミスタ Tel: 03-3901-1573


三春堂では、ショップで音楽祭のテーマである「世界」にちなみ「イギリスの現代工芸・三春堂コレクション展」を、ギャラリーでは、音楽祭の特長である「目白の歴史的建物」をもっと知っていただくために、「目白・下落合歴史的建物のある散歩道写真展」を開催します。まだまだ目白・下落合に残されている貴重な歴史的建物を写真でご覧いただき、この街の文化の香りを感じていただければと思っております。そこには美術史や文学、歴史に関わるエピソードがあふれています。そんな貴重な財産も昨今の土地開発のためどんどん失われてきております。せめて今残っている建物だけでも確認、記録しておこうと、今回の写真展を企画しました。
現在緊急な課題として、あの「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝のアトリエが下落合にあり、新宿区に保存をお願いしているところです。保存が実現しますよう、多くの方のご理解とお力添えをいただければ幸いです。この街の財産といえる歴史的な建物をぜひ見にいらしてください。皆様の散策のお手伝いのため、あやせさやかさんのイラストによる楽しい散策マップも作っています。
会場受付でマップ(200円)をお求めいただき、写真展をご覧ください。(この写真展は、関係各位の特別なご好意で開催されます。費用の助けとなりますようご協力いただければ、嬉しいです)

c0009350_118445.jpg
■ イギリスの現代工芸・三春堂コレクション展
2006年6月6日(火)→ 17日(土)...at. 三春堂ショップ(月曜休)

目白バ・ロック音楽祭共催
■ 目白・下落合歴史的建物のある散歩道
— 同時開催:まちかどの近代建築写真展 —
2006年6月10日(土)→ 17日(土)...at. 三春堂ギャラリー
案内:小道 さん
協力:Chinchiko Papa さん
[PR]
by miharu-ando | 2006-05-30 01:34 | 展覧会
<< 第2回 実験用ガラス器展を開催します 中村彝のアトリエ訪問 >>