目白バ・ロック音楽祭の「マリアのパン」と酒種天然酵母のパンが登場!
季節柄、天然酵母が扱いやすくなったとのことで、5月20日にいよいよ酒種天然酵母のパンが初めて登場しました。両端が細くなっていてカリカリした食感が楽しめるように作ってあるそうです。スライスしないで割るとポコッと、いちぢくと胡桃が出てきて楽しそうです。
もうひとつは、これから始まる目白バ・ロック音楽祭にちなんで、マリアが大好きだった苺の入ったライ麦パンです。目白のデザイン会社「ヌールエ」さんが目白で初めての音楽祭を企画してくれました。三春堂は5月26日(木)→31日(火)まで、「三春のシャツ、2005初夏展」をギャラリーで開催。その期間にもんろーさん特製の音符や楽器、天使の形をした「バロッ・クッキー」を限定販売します。さらにもんろーさんは「フルーツケーキ」と「抹茶パウンド」まで作ってくださるそうです。その制作意欲に、ただビックリ、もう信じられないエネルギーです。美しい音楽、美味しいスイーツ、そして結構評判(?)の三春のシャツなど、お楽しみが溢れた目白へお出かけください。


6月3日のパン - by Keiko Kamio

「酒種天然酵母のフィグ&ナッツ」
先月から登場した酒種天然酵母パン。気温が上昇してきた為、丸3日で作れるようになりました。夏の間は、天然酵母を焼いていきたいと思っています。合わせたのは、人気の高いラム酒漬けのイチジクと胡桃。素朴なパンにあわせて大きめのものを入れています。

「アメリカンチェリー&ベリーのブロート」・・・マリアのパン
目白バ・ロック音楽祭に協賛し、聖母マリアの愛した苺を入れたパン。
季節のアメリカンチェリーとラム酒漬けクランベリー、それにドライストロベリーを入れたライ麦パン。カマンベールチーズやクリームチーズと一緒にどうぞ。。。
c0009350_284278.jpg


6月17日のパン - by Keiko Kamio

「酒種天然酵母のフィグ&ナッツ」
天然酵母ならではの素朴さと豊かさを感じていただければと思っています。人気の高いいちぢくのラム酒漬け&胡桃を大きめに入れてあります。小麦は国産「はるゆたか」使用。

「ティー・オランジェ」
初夏らしいメニューをと思い、こんなパンを作ってみました。
ダージリンティーを濃い目にいれ、それでパン生地をこね上げます。アクセントにはオレンジピールとレモンピールをちょっと。お口に入れるとオレンジ&レモンティーのような感じです。苦手な梅雨の季節も、さわやかにこんなパンと共に・・・
c0009350_16503492.jpg

[PR]
by miharu-ando | 2005-05-21 02:16 | 器とブロート
<< 無憂とお別れ 2005. 6. 4 5月のもんろーブロート >>