「中村彝アトリエ」保存が正式に決まりました
c0009350_4381449.jpg

新宿区は、新宿区下落合3丁目に現存する大正期の画家「中村彝」のアトリエ保存の交渉を、所有者さまと2007年3月より続けておりましたが、この度合意の運びとなり7月14日付で保存が正式に決定したという嬉しいニュースがようやく届きました。3年余りの交渉を続けてくださった新宿区と、ご理解くださった所有者さまに感謝で一杯です。

2006年2月より新宿区へ「彝アトリエ」の保存を求める活動が有志の方と区議の方により始まり順調にいっているようでしたが、2007年2月5日、新宿区は「彝アトリエ」を保存する方針がなくなっていることを、根本議員との電話でたまたま知りました。年度末も間近で、もう諦めなければならないようなお話でした。どのようにしたら可能性がでるのかお聞きすると「多くの地元(下落合)住民が保存を求める活動である保存会ができれば」とのことでした。でも、根本議員の最終議会質問は2月23日とのことで、その1週間ぐらい前には立ち上げないといけないという猶予のない状況と分かりました。

そのころ、三春堂は目白でショップ、下落合でギャラリーを営業していましたが、スタッフ不足と営業的にも難しい時で、私自身が動ける状況ではないので、下落合の方にすぐ動いてくださるようお願いをしてまわったのですが、すでにほかの活動されている方も多く、牽引役を引き受けてくださる方がすぐ見つかりませんでした。時間もないので困り果て、三春堂のお客さまで古い建物の保存に日頃から熱心な竹内さまに相談したら、保存会が設立できるよう動くしかないでしょうと、早速翌日から一緒に活動を開始してくださいました。竹内さまの協力がなかったら、私は動けなかったと思いますし、「中村彝アトリエの保存」はできなかったのではと思っています。本当に感謝しています。

なんとも不思議なのですが、竹内さまは豊島区在住で、三春堂もそのころの本拠地は豊島区目白で、新宿区下落合の彝アトリエ保存のためのスタートは豊島区の住民が始めたことになりました。でもこの地域は豊島区と新宿区の隣接地なので、区境で分けることが難しく、無意味と日頃より感じていました。特に文化は区境には関係なく育まれているのですから。目白・下落合は豊島区と新宿区が協力して魅力的な地域にしていただけたらと、願っています。豊島区の高野之夫区長、新宿区の中山弘子区長、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

「中村彝アトリエ保存会」設立準備会としての趣意書を2月15日付で作成し、広く下落合の方に設立メンバーをお願いすることができました。2月19日には区議の方が新宿区へ提出してくださいました。その後、すっかり止まっていた彝アトリエ保存の件が、新宿区の担当者のところで動きがでてきたとのことでした。2月23日の根本議員の彝アトリエに関する最終議会質問に正式に答弁してくださることになり、彝アトリエ保存を新宿区は継続して検討するという答弁をいただき、保存の可能性を繋げることができました。振り返れば正味18日間の激務で三春堂は仕事にならず、彝アトリエが残って、三春堂がなくなりそうでした。3月1日、正式に「中村彝アトリエ保存会」が設立され、Chinchikoさんによる内容豊かなホームページも始まりました。

そして「中村彝アトリエ保存会」がこれから活動するには活動費が必要になるため、医学博士で尺八奏者の岸本寿男先生から、アトリエでのチャリティーコンサート開催を提案していただき、3月21日に開催することができました。素敵な尺八とギターの演奏とアトリエも見学できる機会でしたので、多くの方がお越しくださいました。寄付もたくさん集まり、保存会の活動費の基礎になってくれました。お忙しい中ボランティアで演奏会を開催して、アトリエ保存にいち早く協力してくださった岸本寿男先生に、心から感謝しています。(岸本先生のオリジナル曲のCD「SKY & WIND」はとても素敵な演奏です。*三春堂ギャラリーにあります)

c0009350_4385329.jpg

2007年3月28日から所有者の方々と、中山弘子区長および区担当者との第1回目の話し合いがスタートしました。それから3年3ヶ月余りかかりましたが保存のための合意ができ、2010年7月14日に正式発表となり ました。長い時間かかったため、アトリエは傷みが進んでいるように見え心配でしたが、ようやくほっとしました。アトリエは一度解体され、整備して「中村彝アトリエ記念館」(仮)として2012年に公開されるとのことです。本来の魅力を損なわない再現になってほしいと願っています。

「中村彝アトリエ保存」のための署名、活動費の寄付をしていただきました皆様に心よりお礼申し上げます。嬉しいご報告ができて幸せです。

三春堂ギャラリー・安藤 三春


new !
東京新聞に掲載 外観再現 記念館に(2010.7.22 夕刊

東京新聞に掲載 生かせ「赤い屋根瓦」(2007.5.21)

■2008年、中村彝の桜(2008.4.1)
■「中村彝アトリエを救え」の記事が「芸術新潮」に掲載(2007.4.27)
■中村彝アトリエでライブがありました(2007.3.22)
■「中村彝アトリエ保存会」設立のためのお願い(2007.3.3)
■中村彝のアトリエ訪問(2006.4.8)
 → 中村彝関連の記事すべてを見る
[PR]
by miharu-ando | 2010-07-21 04:43 | 中村彝アトリエ
<< 三春のミニコレクション展 タブ... 三春のオリジナルウェア- 20... >>